ジーニーズ東京の本格フレンチが人気!メニューや営業時間は?

ジーニーズ東京のメニュー

本格派フレンチグリル&ワインバーを楽しみたいなら、六本木の東京ミッドタウンにあるジーニーズ東京がオススメ!上質な大人の夜の遊び場を求める人たちが期待していたお店です。

フランス・パリの有名レストラン「マキシム」の銀座支店として約50年食通を唸らせたマキシム・ド・パリ。そのお店を開いた当時の3人が再集結したお店が「GRILL & WINE GENIE’S TOKYO」なんですよ♪

さっそくメニューや営業時間をご紹介していきますね♪

スポンサーリンク

ジーニーズ東京の店舗情報について

ジーニーズの店舗

このお店は、東京ミッドタウンから少し離れたところにあります。

冒頭に紹介したとおり、フランス・パリの有名レストラン「マキシム」の支店としての、日本初の本格フランス料理レストラン「マキシム・ド・パリ 銀座支店」の元支配人や総料理長が結集して「定評のあるクラシカルな高級フレンチの質はそのままに、最新トレンドのエッセンスを加えて、カジュアルスタイルで提供する」というコンセプトをそのまま継承してこのジーニーズ東京をオープンさせました。

マキシムゆずりの料理のほかに、スタッフに人気だったまかない料理やマキシム名物「ドンペリのかき氷」など、遊び心のあるメニューも用意されています。

その日のニーズにあった空間を、ダイニング、個室、カウンター、ソファー席、テラス席、などからお選びいただけます。

また、アート作品など多数展示するなど、空間のデザインにも嗜好を凝らしているので、食事以外の遊びの空間を楽しめますよ!

本格フレンチのメニューや値段は?

GENIE’S TOKYO

「マキシム・ド・パリ」総料理長の経験をもつ伊藤正顕氏と、人気イタリア料理店「オープンセサミ」料理長の倉地佑一氏のコラボレーションによる高級料理が、自由なスタイルで提供されています。

フランス産フォアグラのポワレ ソース「マデール」
1500円
フランス・ランド産の高級フォアグラを使ったクラシカルな本格料理です。

フランス最高級ブランド・ルージェ社のフォアグラをソテーして、相性のいいソースマデール(マデラワインを使用した濃厚なソース)を添えたもので、絶品であること間違いなし。

クレソンとエビのシフォナード マンゴーのクーリ
1500円
ひと晩寝かせたマンゴピューレにシェリー酒のビネガーを加えた前菜。

見た目、何て事のない海老に、クレソンですが、マンゴーの甘さとクレソンの苦みのマリアージュが夏に楽しめる料理です。

スポンサーリンク

フランス料理の値段

高級料理ばかりではちょっと抵抗あるな~という方、安心してください。このお店にはリーズナブルなお値段の料理もあります。

マキシムのまかない料理としてスタッフに人気だった特製ステーキソースを塗った焼きおにぎりや、マキシムのコンソメを使ったラーメン風の料理もあるので、驚きです。

・「GENIE’S 特製 夜の焼きおにぎり」500円
・「GENIE’S 特製 夜の大人ラーメン」 1000円
・ポテトとエメンタールチーズのグラタン 『ドフィノワーズ』 800円
・あとは”本家マキシム”から継承されている『ドンペリかき氷』 2100円

これを楽しみにしているお客様は結構多いようですね。

ワインセラーはエントランスを兼ねているユニークさ。そこには両サイドにずらりとワインが並べられています。

気になるワインのお値段は、3000円前後の手ごろなワインから、年代ものの数十万円のワインまで幅広く用意されています。

20~30年モノを中心にそろえているとのことですが、中には60年前のものもあり、他のお店では1本100万円以上するロマネコンティも、ここでは75万円。

「都内最安値では?」という声も上がっています。

営業時間や待ち時間はどれくらい?

ジーニーズ東京の営業時間

○ランチタイム 
11~15時

○ディナータイム 
月~水&日曜日 17~24時
木~金が17~28時

○席数
79で余裕ありますが、週末などは2軒目で利用される方がおおいようですので予約をされておくのがオススメです!

高級過ぎないアーバン感が人気の秘密のようですね。高級感は残しつつ、店内の装飾やフードメニューも遊び心があり、大人の夜の過ごし方としてはぴったりです!

あなたの「願いをかなえる魔法のような空間」で過ごすのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク